雑記

2006年05月16日

ビジネス用語の覚え方

なんで横文字を使うとデキる人っぽく見えるのか(新入社員記憶必須ビジネス用英語一覧)」。ま〜確かに今働いている業界では知っておかねばならない言葉は多いのだが…
『新入社員なんだから知らなくて当然』『それを教えてくれるのがいい上司』『会社の教育システムがある』『わからないことを聞けるのが新入社員の特権だ』などの意見があることは百も承知だ。でもそんなスピードじゃぁ遅いのである。入社1年目から「お、あいつはできる」と周りに理解させないと、自分の思うように仕事なんてできゃしない。その時点で本当にデキる人間である必要なんてない。デキるやつだと「思わせる」、悪く言えば言葉面で騙してでもそうさせない限り、数年後にあなたがデキる人になったとしても、仕事の上で頭角を現せるようになるには長い時間(5年とか)がかかってしまうことだろう。
いやごもっとも、短期的に「会社と仕事をうまくごまかす方法」をうまく表していると思う。

ただ、それなりに社会経験している人なら、上っ面だけの言葉でデキる人を演じている「新入社員」なんて1分間で見抜けるんじゃないかな。んで、その言葉だけで「こいつはデキる」と本気で思う人ほど、ダテにしか年くってないデキない人間だと思うんだが。。。まぁそういう人をだまして仕事をとってくるのも、新入社員には大切なのかね。

ただ言葉は「用語集」で覚えるものじゃなくて、会話や文章(本やネット)から覚えるものなんじゃないの?と思うんだけど、違うかな?

takeshi_a at 10:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年05月12日

イケメンの国へ3

c5133cf0.jpg「ワールドカップ期間中、ボーイフレンドに相手にされなくなりそうなアナタ、スイスにはイケメンがたくさんアナタをお待ちしてますよ」ってCM。まさに国をあげてのスキマ産業狙いでスイスらしい。

スイスもワールドカップに出場するが「スイス人の男は実はサッカーに興味ないのがいいところ。(イケメン大国といわれる)イタリアなどは、期間中は男でなくなりますから、ぜひどうぞ」だそうな。

takeshi_a at 08:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

さよなら有楽町ソフマップ

e4acb6a7.jpgMUJIと同じ建物にあるソフマップ有楽町店が閉店し、13日からビックカメラ「別館」になるそうで。

ビックカメラ有楽町店別館、13日開店

このソフマップは確か5年くらい前にできたところで、オープン当初「これがソフマップ?」と思えるほど「らしさ」を消して銀座OLをターゲットにした店舗を目指してたのを覚えてる。学生の頃3年くらい大宮のソフマップでバイトしていたので、それなりに思い入れがあり、一緒に働いていた人の何人かが助っ人でこっちに来てて挨拶しに行った覚えも。

まぁここに行くのはソフマップよりMUJIの方をお目当てにしていたことの方が多いけど。今乗っている自転車もここで買ったのだ。そのほかにもいろいろ思い出があったりなかったり。

あ、そういえばおいらの「ソフマップカード」は有楽町限定デザインなのだ、価値が上がるかも(笑)

takeshi_a at 01:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年05月05日

そういや来週は…

ある雑誌のインタビューにあったリリー・フランキーの「母の日に電話1本かけられないようなちょい不良(ワル)オヤジなんてダメだと思うんですよね」という言葉にしびれた。東京タワー以来「親を大事にする=カッコワルイ」というイメージを壊しているこの人はスゴイと思う。

と、同時に、ちょっと前ふと見たこのページを思い出した。
「アホな親」の家に生まれちゃった奴、来い!!(ニャー速)

要するに、どうしようもない親の元に生まれてしまった人の気持ちなんて、大事に育てられた人に理解できるはずもないってやつ。もしこんな話をされてしまったら、言い返す言葉なんて見つからない。でもきっとこういう人も実際いるんだろうし、増えているかもしれない。

リリー・フランキーの言葉にしびれることができる自分はラッキーだ、そう思って親に感謝しなきゃならないなと思う。さて、来週はどうしたものか。

takeshi_a at 20:21|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2006年04月09日

更新を停止した理由

およそ8ヶ月ぶりの更新です(笑)もうここに手を入れることもないかなとも思ってましたが、いろいろ気が変わってズケズケと戻ってきました。はてなダイアリーに少し書いたこともありましたが、個人的にlivedoorの方が使い勝手がいいようです。

更新を停止している間に会社が変わり、仕事も変わりました。更新を停止したのは、一言でいうと以前の会社から事実上「ブログ更新をやめるか、会社をやめるか」の選択を迫られたからでした。当時はWebニュースの記者をしていたのですが、自分の所属を明らかにしているブログで自社の記事と異なる意見を出していると、いろいろ厄介なことになるからというものでした。僕はこれを受け、仕事を辞めたくなかったのでブログを捨てる選択をしました。

(それと、自分のブログでその会社のニュースを5行くらいにわたって引用をしたところ、「それは“引用”ではなく“転載”っていうんだ」と注意されたこともありました。これについては、またの機会に)

当時は未練もありましたが、会社がそういうのももっともで、今も不満をいう気はありません。ただ、今となっては隠すこともないと思うので、中ではこういうことがあったんだということで。

takeshi_a at 22:26|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2005年08月02日

トラックバックの法則

CNETなどトラックバックを受け付けているニュースサイトのトラックバック先を見ていて何となく思ったこと。

ニュースにいくつものトラックバックがついていて、そのリンク先を見てみようと思った場合、最近(最後)のトラックバック先から見ていった方がいい。真っ先に飛びついたものの先は、一言感想だけか、ひどいときは引用やリンクだけしかされていないものなど「見て損した」ものに当たることが多い。しっかり考察したものを書くには、それなりに時間がかかるから。

…かといってあまり長いものを読むのは疲れるので、途中でどこかに飛んでしまうことも多い。自分も読み手になるとかなりわがまま。

takeshi_a at 13:40|PermalinkComments(2)TrackBack(3)

2005年08月01日

NHKのラジオ語学講座をポッドキャスティング化してほしい!

TalkMaster IIだいぶ前にAM/FMラジオの録音・再生ができるオーディオプレーヤー「TalkMaster II(トークマスター 2)」を「使い倒せそう」とか「レビューしてみる」とかいっておきながら、実は買ってなかったワタシ。昨日、たまたま売っているのを見て思い出し、ちょうど使ってみたい用件とかあったので、思い切って買ってみた。

まだあまり触ってないので詳しくはわからないが、操作性もよく、液晶にやたら日本語が使われていることもあって使いやすい印象。そのうち写真とか使ってレビューしてみる…かも(^^;。このTalkMaster II、その前のTalkMasterから、なぜかヨドバシのような量販店やAmazonなどで売っておらず、メーカーの直販か大手書店などでしか扱ってないため、持っている人も少なく情報が少ないのだ。TalkMasterの方はケータイWatchスタパ氏の記事が詳しい。

TalkMaster IIを使う人の目的の多くはAMラジオ放送を使った語学学習だと思う。それに向けた機能もいろいろついていていいんだけど、肝心のAMラジオ自体をまともに聞くことが難しくなったというか、環境が悪化していると感じた。

買った人のブログなどを見ると、感度がイマイチといっている人が多いけど、それ以前にAMはケータイや無線LANといった電波のほか、ささいなものの影響を受けやすい。家で試してみたが、無線LANアクセスポイントから2,3メートル離さないと、ノイズが入ってしまいまともに聞くことができなかった。製品には、AMラジオ受信時には本体の液晶表示を切る設定にするとよく聞こえるとの注意書きまであった。ケータイにFMは載ってもAMが載らない理由がわかる。音質も他に比べて劣るのも明白。

そんなわけで、久々にAMを聞いて思ったのが、AMラジオというインフラ自体かなり限界に近いんだなということ。車で聞くラジオや災害時の連絡手段もFMにしちゃえばいいのにと思った。まぁこのへんは電波関連のいろいろな事情があって、そんな単純じゃないかもしれないけど、あくまで1視聴者としての感想。

で、NHKに切にお願いしたいのが語学学習番組をポッドキャスティングで放送してほしいこと。視聴者はいろいろな環境の人がいるのでAMをやめろとはいわないけど、すでにAMを聞いたりすることがネットを使うより難しい人も多そうだし、プレーヤーの普及度からいっても、こうすることで今後この語学番組に関心を持つ人も増えると思う。

NHKは視聴率とかで商売しているわけじゃないんだから、こういうサービスにどんどん進出すべきじゃないだろうか。


takeshi_a at 19:59|PermalinkComments(0)TrackBack(3)

2005年07月31日

ホワイトバンドと野菜ジュース

ホワイトバンドネットなどで話題になっているホワイトバンドを見つけた。人気があってこれまでどこも売切状態けど、たまたま買い物に行った神保町の書店で結構在庫があった。っていうか、休日に神保町に来る人たちって、あまりこういうのに興味がないからかもしれないと思ったりもする。買っている人も付けている人もみかけなかった。

途上国の貧困に苦しむ子供たちを救うためのプロジェクトとして、有名人らを使って先進国の人たちにそういった意識や関心を持ってもらうと共に、バンドやイベントの売上を救済活動にあてようというのが趣旨…だったと思うんだけど、まぁ意識・関心の差は人それぞれ。よくわかってなくても誰でも参加できるこういう企画はいいと思う。オークションで売買するのは、いかがなものか?だけど。

で、幸い自分は「助けるべき」豊かな国に生まれたので、せめて自分の健康くらい人に手間をかけず管理してかなきゃなと思うのだが、基本となる食事が、昼・夜とほとんど外食に頼ってしまっているので、あまりいいもんじゃない。

野菜ジュースそんなわけで、せめて朝食くらいは体のことを考えたものを摂らなくてはと思い、半年くらい前から飲み始めているのが、コップ一杯で1日分の野菜が摂れるという野菜ジュース。最近、それに黒酢を加えた黒酢野菜ジュースが見かけるようになったので、試しに買ってみた。

飲んでみると、これが結構くる(決して美味しくない)。が、これも健康のためなり!有名人を追いかけて人助けもいいけど、普通に金や食い物に不足しないとこで生きているんだから、健康管理くらい自分でせねばな、と思ったりする。

さて、明日から仕事にホワイトバンドをつけて行くべきかどうか迷いどころ。

takeshi_a at 21:12|PermalinkComments(2)TrackBack(1)

横幅の広いページが増えてないっすか?

このページを訪れた人が使ってるPCの解像度最近、横幅の広いWebサイトが多くなってきた気がする。XGA解像度でブラウザウィンドウを最大化しないと、コンテンツの横幅全体を見通すことができないのだ。

まぁ最近はワイド液晶や高解像度画面を使う機会も多くなっているから気にしない(気がつかない)ことも多いかもしれない。去年の調査結果なんかを見ると、特に国内ユーザーの多くがXGA以上を使っていて問題ないように見えるかもしれないが、XGAでも最大化せずウインドウをいくつも表示させる人もいるし、左側にブックマークなどを表示させる人もいる(ワタシは後者側)。ページによって表示方法を変えたり、スクロールしたりすることが面倒なのだ。

それ以上に、ケータイやPSPなど最近増えてきたフルブラウザ搭載の携帯端末では、さらにキツイ。縦ならまだしも横スクロールが面倒そうだから、こういった端末のフルブラウザ機能って使えるのか疑問に思う人も多いはず。携帯用のOperaならうまくフィットさせて横スクロールを抑える機能もあるんだけど、なるだけデフォルトでそういった必要を抑えてほしいところ。

読者側としてはどんな端末でも不便のないユニバーサルなデザインがベストなんだけど、ページに詰め込まなければならない情報の量が多いサイトもあるので、なるだけ横幅は短く(あるいは可変にして)そのページ内で重要度の高い情報を左側に配置してほしいな〜、と思ったりする。

そういや、2年くらい前までWebデザインに関係する仕事をやっていたとき、Webユーザビリティという言葉をよく耳にし、自分が関わるページでは横幅のほか、ブラウザごとの見え方、タグの使い方など結構気にしてたけど、最近はどうなっているんだろ?

takeshi_a at 03:49|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2005年07月26日

Amazonのギフト券にガックシ_| ̄|○1

Amazonでは買った金額に応じて「ギフト券」なる割引ポイントがもらえる。普段は10%程度で、ときどき商品や期間限定で還元率が上がったりする。まぁ、ヨドバシやビックなどと同じようなものだ。

ところが、この発行日や有効期限がヨドバシなどと比べてかなりキビシイ。発行日は商品を買った翌月末、しかも有効期限はそこから約1カ月間。忘れた頃にやってきて、どれに使おうか迷っている間に切れていたりする。購入後すぐに発行されて1年間有効だというヨドバシでポイントの使用率が50%前後という話をいつだったか聞いたことがあるが、Amazonはそれより低いに違いない!

よく、Amazonのアフィリエイトを利用して激安商品を紹介しているサイトで、発行されるギフト券分を差し引いた金額を「実質○○○円」って書いてあるところがあるけど、結果的でも実質金額分で買えてトクしたケースって案外少ないんじゃないかな。


んで先月、親のPCとしてAmazonで売られているHPの約10万円のPCを買い、ポイントをいただこうとたくらんだ。ちょうどそのとき「10万円以上の購入でギフト券還元10%アップ」というキャンペーンをやっていた。通常10%+10%アップで、10万円なら2万円分還ってくる…これはオイシイ。

PCが99,800円と10万円にちょっと届かないのでプリンタのインクをつけて10万円越え。2万円で何を買おうかしらん♪と楽しみに待っていた。

しかし今日、メールで届いたギフト券は何とたった7500円分!そこには「還元対象金額(税抜額):95219円 Amazonギフト券の金額:7500円」とか…

税抜価格かよ…_| ̄|○

説明をよく読めば確かにそう書いてある(と思う)のでワタシの不注意だったのだが、買ったときを思い出したり確認メールなどを見ると結構トラップがある。

例えば、注文したときに還元されるギフト券の金額がどこにも表示されない。だから今回のようにもうちょい買えば還元額がアップするというのに気づくことができない。加えて税込み金額が目立つように表示されるので、税抜きでいくら買っているのかわかりづらいのだ。これらってもしかして意図的ですかい>Amazonさんよ。

今回はあと5000円分買えば15000円分のギフト券がもらえたのに…Amazonご利用の方は頭の片隅においてご注意くださいな。

んー、ただ最近Amazonでそんだけの金額でほしいものってあまりないから、まぁいいのか?損した気分には違いないけど。っていうか、そもそも自分の買い物じゃないんだけど。

takeshi_a at 00:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)