2006年05月06日

ビジネスが関わらない情報なんてないと思う

Feedpathの「朝日新聞社とのW杯記事のFeed配信の実証実験」について、小川さんのエントリーに対しての意見を見ていて思ったのだが、反論している人はネット上にあるフィードすべてが開放されていて、誰でもタダで手に入れることができる思っているのだろうか。

実際はそうではない。例えばYahoo!ニュースにある記事は各新聞社などメディアが持っていて、Webページとは別にフィードを用意し、Yahoo!がそれを定期的に持って行って掲載している。(Yahoo!の中の人が一生懸命コピペしているのではないw)Yahoo!に限らず、記事を書く人間を持たずにニュースを配信しているポータルサイトは基本的に同じだ(Google Newsはちょっと違う)。

ただそのフィードは誰でもとれるものではなく、たとえURLが漏洩しても持ち出されることはない。だからビジネスが成り立つわけだ。Feedpathの今回の取り組みも基本的にはそれと一緒であって、特別なことをしているわけではない。

タダと思われている情報にも、生成・配信される過程で何らかの形で人とビジネスが関わっているものだ。読み手はいつもそれを考える必要はないが、どうして手元にその情報が伝わってきているのか、頭の片隅にでも意識してもらいたいと思う。

takeshi_a at 18:56│Comments(0)TrackBack(0)ブログ | ITニュース

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔