2005年07月15日

気になるポッドキャスティングの音質

iPodiTunesがポッドキャスティングに対応したので、早速いくつか登録した。いきなりフル英語はさすがにハードルが高いのでココログのPodcasting JuiceにあるInterFM提供番組などいくつか登録。

聞いてみるとまず感じるのが、特にココログから落とした番組の音質がやや「うーむ」なところ。ワタシはそれほど音質にこだわる人間ではない方なのだが、いわゆる圧縮した音が若干耳障りに感じる。一方、ITMS公式の「iTunes New Music Tuesday」は「普通に聞ける」程度までよい。ダウンロードしたファイルを見ると、ココログはMP3の128bps、iTunes〜はAACの128bpsだった。圧縮率重視なポッドキャスティングだと、AACの方が有利な印象だけど、iPod以外では再生できないんだよね…

よくMP3などの音声圧縮でCDの下を「FMラジオ並」という表現があるけど、毎日FMラジオをステレオやFMケータイで聞いている自分としては、FMラジオの方がずっと上だと思う。当然感度やチューナーにもよるけど、FMラジオの音は一般に思われているよりずっといいと思うんだけどなぁ。

内容の印象については、また後ほど。

※そろそろカラーiPodほしいけど、まだまだ第3世代が健在。ただ湿気が多いときにボタンが反応しなくなるときがあるのがタマにキズ。

エイベックス、日本のiTunes Music Storeに楽曲を提供することで最終合意&米Apple子会社の「アイチューンズ株式会社」が国内向けサービスんで、東芝やソニーは沈黙だそうです。まぁ、多少レーベルが欠けててもサービスが始まったら、しっかりとしたデータが出てくるから、さらなる動きがあるんじゃないかと。

takeshi_a at 18:45│Comments(0)TrackBack(0)iPod関連 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔