2005年06月29日

AMDの生々しい訴状は一読の価値アリ

昨日、インテルのCMに好印象などと書いていた翌日に発表されたAMDのIntel提訴。すごいのがAMDの訴状の生々しさ。例えば

2003年,インテルのCEOクレイグ・バレットは,AMDのAMD Athlon 64の製品発表を公式にサポートすると「深刻な結果」が待っていると、Acerの会長,社長兼CEOを個人的に脅迫するために台湾まで出かけた。

などなど業界の人でなくても一読の価値アリ。すべてが真実かどうかは知らないけど、インテリジェントそうに見えるITは実はヤクザな商売なんですなぁ…と。え、もっと恐い経験した人がいるって?(謎)

日本の多くのPCベンダーもかかわっているので、わざわざ日本語の専用サイトまで作っているという力の入れよう。でも性能が拮抗している割に不自然なほどAMDを載せたPCが少ないのも確か。本家での結果は以前の日本の排除勧告より影響は大きいと思うので、今後の行方に注目ですな。

takeshi_a at 01:31│Comments(0)TrackBack(4)ITニュース 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. [自作PCニュース]AMDとIntel、直接対決!?  [ あのに・すなる ]   2005年06月29日 02:27
 AMD、独禁法違反でIntelを提訴(PC Watchさん)  これは正直、かなり驚いた。 私が以前に書いた、Athlon 64 X2のイベント記事でも日本の公正取引委員会によるIntelへの排除勧告との関係を勝手に憶測してみたが、ここでAMDがIntelに直接対決を仕掛けるとは思わなかった。
2. AMD の訴状  [ AYNiMac ]   2005年06月29日 11:27
裏編集後記さんの AMDの生々しい訴状は一読の価値アリ経由 AMDによる訴状の要旨。 PC 情勢は複雑怪奇なり … というかコワイね。2年後の乗り換えの時までに Apple の戦略が変更を余儀なくさ...
3. インテルネタカテゴリを作ってみた。  [ 人生は雨の日ばかりじゃない ]   2005年06月29日 22:30
このblogのPCカテゴリの記事の約半分がIntelのネタだということに気付き、期待に違わずネタを提供し続けてくれるインテルさんに敬意を表して、新たに「インテルネタ」カテゴリを作ってみました。 とりあえずAMD提訴ニュース続報です。 AMD、米国でもインテルを独禁法違
4. 6月29日。  [ 仰觀宇宙之大、俯察品類之盛。 ]   2005年06月30日 03:01
なんや、ネタにしたい事が多いのぉ。世の中ニュースが多いんはええことやけどね。 まずはこんな話をば。 何というか、前向きなマーケティングやねぇ。 ある程度効果がありそうなんは目に見えてはるし、コーヒー店さえ迷惑やと思わんのやら、恐らくは誰もがいい気分に.

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔